STEM教育・ロボットプログラミング教室のアクティブとは

本当に必要なプログラミング教育

2020年度に日本全国の小学校でプログラミング教育が必修化され、多くの「プログラミング教室」が誕生しました。

  • 簡単なプログラミングソフトを使って、ゲームを作ろう!
  • AI時代やIoT時代に役立つプログラミングスキルを身につけよう!
  • プログラミングが出来るようになると、就職に困らない!

プログラミング教室の中には、「プログラミング」そのものの学習を重視し、その技術の向上を目指しているところもあります。
では、「将来の夢はプログラマーじゃないから、うちの子は関係ない!」のでしょうか?

今回小学校で必修化されたプログラミング教育の狙いは、大きく次の4つです。

  1. プログラミング的思考を育み、論理的思考力を身につける。
  2. 現代の情報社会が、プログラムやコンピュータなどの技術によって支えられていることに気付く
  3. 身近な問題の解決に主体的に取り組み、コンピュータ等を活用してよりよい社会を気付いていこうとする態度を育む
  4. 教科書等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身につけさせる

平成29年告示小学校学習指導要領解説【総則編】より 抜粋

さらには、以下のようにもあります。

プログラミングに取り組むことを通じて児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を修得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではない

小学校プログラミング教育の手引き(第二版)より 抜粋

つまり、本当に必要なプログラミング教育とは、プログラミングスキルを身につけることが本質ではなく、プログラミング的思考・論理的思考力を身につけ、他の教科や身近な問題にそれを活用する能力を育むことと言えるのです。

プログラミング的思考とは

プログラミング的思考とはどういったものでしょうか。

平成28年に取りまとめられたプログラミング教育に関する有識者会議において、次のように説明されています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議取りまとめより 抜粋

小学校プログラミング教育の手引き(第二版)より 抜粋

つまりプログラミング的思考とは、

  1. 問題を見つけ
  2. 解決策を考え
  3. 解決策を実行するために必要な動きを細かく分割し
  4. それらを組み合わせ
  5. 試行錯誤しながら問題の解決につなげる

考え方と言えます。
これはコンプータを利用したプログラムだけに限らず、目の前の小さな問題やほかの教科のテストなどでも必要になる考え方です。

アクティブの教育方針

私たちアクティブでも、パソコンを使いロボットを組み立て、その動作をプログラミングし操作します。
一見すると、ほかのプログラミング教室と変わらないように見えますが、私たちが目指す先は明確です。

私たちは、全ての子ども達が将来どのような職に就くとしても普遍的に必要となるプログラミング的思考を身につけ、その能力を十分に育み、発揮できる場を提供します。